キャッシングするなら安心できるキャッシング会社で。

初めてキャッシングをする時は誰でも不安ですよね。
自分は審査に通って借入できるのか?どんな風にどこからお金を借りるのか?自分が借入を希望している会社は果たして安全なのか?初心者でも安心して借りることができるのか?
いろいろな疑問がわいてくるものです。まずはキャッシングについて知ることから始めましょう。
現在キャッシング商品は全国で何千社もあるといわれています。もちろんほとんどが届け出をきちんと出し、国の許可を得て運営している会社です。しかし、キャッシング業者の中には安全といえない闇金業者が存在していることも事実です。ですから、私たち借りる側がよく調べ、安心できるキャッシング会社を選ぶことはとても大切なのです。
単にキャッシングといっても、提供元の主要金融機関として銀行系、消費者金融系、信販系の三種類があります。
それぞれメリット、デメリットがあります。例えば、銀行系キャッシングは最も金利が低く、大手銀行であるため安心して借りることができますが、審査に時間がかかることがあります。消費者金融系は銀行系と比べると審査に通りやすく、インターネットなどで申し込み可能で、即日融資ができる業者も多いですが、金利は高いのが特徴です。信販系はクレジットカードを発行している会社のキャッシングと考えればよいでしょう。気軽に利用できますが、借りれる金額の限度額は低めです。
よく調べて、自分のキャシングプランに合った、安心して申し込めるキャッシング会社と賢い借金返済の方法を見つけたいものです。

消費者金融の体験談について知りたい!

皆さんは、緊急にお金が必要な時はどのような対策を取りますか?
親族や友人、または知人などの身近な人に頼んだりすることもできなくはないと思いますが、お金のことで人間関係がこじれるようなことはできる限り避けたいですよね。
そんな時、頭に浮かぶのは銀行などの融資機関……。でも、手続きなども面倒だし、時間もかかり、すぐに借りることは難しそうですよね。
となれば、お金借りたいとき便利になってくるのは、消費者金融ですね。
こちらであれば、担保もいらないし、無人契約機で面倒な手続きもいらないし、うまくいけば即日融資も受けられるし……。
でも、いざとなると、借りることが初めての方は特に、実際に借りてみてどうなのか、特に延滞や滞納をした場合、どのように取り立てにくるのかなど、具体的に知りたいはずです。
が、意外にも友人や知人に、「消費者金融でお金を借りたいんだけど、経験ある?」とは聞きにくいものです。
そんな時役に立つのが、誰かの体験談です。
インターネットで検索してみると、たくさんヒットしてきます。実際に借りた時の情報が細かく載っていて、会社の名前や具体的な返済金額や利子の金額(当時の)など、こと細かに書かれています。
しかし、一つ注意しておきたいのが、その情報は匿名で書かれたものであり、誰かが責任を持って載せているような情報ではないということです。また、情報の新しさにも疑問が残ります。こうした情報を信じるか信じないかは、皆さん次第です。参考にする程度で読んでみるのはよいかもしれませんね。

オリックス銀行カードローンでおまとめローン

オリックス銀行カードローンは金利が年3.0%〜17.8%、最高限度額800万円のたいへん条件の良い銀行カードローンです。この下限金利の低さや限度額の高さ、加えて300万円以下は所得証明不要なことなどもあわせますと、比較的高額融資に適したカードローンだと言えます。まさにおまとめ利用にもぴったりのカードローンですよね。
実際、口コミをみましても、可決されたという方の場合には他のカードローンと比べて融資枠が200万円など大きめである事が伺えます。もちろんそうした方ばかりという事はありませんが、おまとめ利用したい方にとってはやはり大きめの融資枠がもらいやすいカードローンかどうかというのは重要なところです。
しかし、金利に関しては多少、高いという印象を持った方が多いようです。確かにオリックス銀行カードローンの上限金利は17.8%と消費者金融並みです。100万円未満の借入れの場合には12.0%〜17.8%出の適用となっています。大手の銀行カードローンですと、上限金利は15%程度のところが多いので、そのくらいの金利が適用されるならいいのですが、それ以上となってきますとおまとめしたり借換えしたりするにはちょっと高いかな…と感じてしまうかもしれません。
しかし下限金利は3.0%と大変に低くなっていますから、高額な融資になればなるほどその低金利の恩恵が受けられることとなります。おまとめすると高額になってしまう、という方にはぜひ検討していただきたいカードローンの一つです。
それだけ条件のよいカードローンになりますと、やはり心配なのは審査です。審査が厳しいカードローンとなりますとただでさえ借入件数が複数あって不利なわけですから、申込むのも気がひけてしまいますよね。口コミでは意外にもそこまでおまとめローン申し込み審査に厳しさに関する声は少ないようです。これは、オリックス銀行カードローンのサービスが展開されたばかりのカードローンであることが関係するかもしれません。審査のハードルが低い、ということはまったくありませんが、新しいサービスのために今はとにかく契約数を伸ばしたいという銀行の考えがある可能性は高いのではないでしょうか。

女性専用キャッシングは借りやすいは嘘?

初めての方でも安心して利用できると女性に人気の女性専用キャッシングは、一般的な即日融資キャッシングよりも、審査に通りやすい、借りやすいと一部で囁かれています。ですがその噂は本当なのでしょうか?
答えは「NO」、一般的なキャッシングと同じ審査が行われており、女性だから審査が甘く借りやすい、ということはないようです。最近は、店頭窓口、電話、だけでなくインターネット・WEBからなど様々な申し込み方法を用意する消費者金融が増えましたが、申し込み方法によって審査基準が変わることはありません。どの方法で申し込んでも行われる審査は同じです。
それと同じで、女性専用フリーダイヤルに電話をかけ女性専用キャッシングを申し込んだからといって審査基準が甘い、借りやすいということはありません。いくら女性に優しい「女性専用キャッシング」「全て女性スタッフが対応してくれる」といっても審査を行っているのは男性かもしれませんし、当然個人信用情報機関への問い合わせや在籍確認なども行われます。
また、女性専用キャッシングだからといって一般的なキャッシング審査と比べ審査基準自体を下げているところはないようです。女性に優しい女性専用キャッシングといわれていますが、「優しい」イコール「借りやすい」ということではないので、その点は混合しないよう気をつけましょう。ちなみに、女性専用キャッシングだからといって一般窓口からの申し込みより金利が低くなったり、限度額をあげてもらえる、ということもありません。

モビットの金利ってどうなの?

皆さん、モビットという言葉を聞いて、どんなイメージが湧きますか?モビットとはもちろん、あの消費者金融会社のことです。
テレビや広告のイメージキャラクターを勤めているのは、竹中直人と夏菜です。テレビのCMとしては、大きなネクタイのCMが印象に残っているのではないでしょうか?
モビットは、三井住友銀行グループの傘下にあり、銀行系の消費者金融ですが、管轄としては、貸金業法が取り締まる貸金業なので、借り入れが制限される、総量規制の対象となります。
他の消費者金融と同じく、今までは、無人契約機による申し込みを主流の方法とし、「すぐモビ」という無人契約機を各地に設置していました。
しかし、2012年の10月から、業界初の試みとなる、「WEB完結申込」の導入を開始しています。
このサービスにより、モビットでは、申し込みから借り入れまでの全ての手続きを、インターネットを通じて行うことが可能となったのです。
インターネットで何でもできるこの時代に、こうしたサービスが今までなかったのは、考えてみれば、ちょっとおかしい気もしますが、このサービスが初めて開始されたのは、つい最近のことになるわけです。
いずれにしても、このサービスを使えば、無人契約機まで行く必要はないので、自宅で好きな時に申し込みができるということです。また、面倒な電話確認や、郵便物もありません。忙しくて、とても無人契約機まで行けない方や、絶対に借金していることを他人に知られたくないという人には、特にお勧めです。
しかし、モビットは他の消費者金融と比べても、金利は4.8〜18.0%と、高めに設定されています。なんでもスピーディーなモビットはその分、利子が高めなのでしょう。
消費者金融にはそれぞれ特徴があり、メリットとデメリットが存在します。モビットは、金利を重視したいという方には、あまり適していませんが、便利さと、スピードを重視して、早めに返済を考えている方には、まさにうってつけと言えるシステムでしょう。

プロミスとレイクを比較しみました。

消費者ローンを申し込むのにプロミスかレイクかどちらにしようかと迷っている方の為両社を比較してみました。
プロミスとアコムの違いの一つはプロミスではお客様サービスプラザ(店頭窓口)があり担当者と相談しながらの申し込みが出来ますが、アコムには残念ながら店頭窓口がありませんが、その代りアコムは無人契約機を全国に設置してあり、無人契約機でもきめ細やかな対応なので安心だとの評判があります。
申し込み資格などはどちらも同じでほとんど大差はありません。
「年齢20〜69歳で本人に安定した収入のある方」「主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方」これは貸金業法で決められている範囲でしか設定できないので仕方のないことですね。
金利面で比較してみますと、プロミスの金利は実質年率4.5%〜17.8%ですが、アイフルの金利は実質年率4.5%〜18.0%に設定されているので、100万円を借入した場合、プロミスの方がお得と言えます。
プロミス、レイクとも30日間無料貸付があり、レイクは30日間だけでなく、借入金額5万円以下であれば180日無料利息になるサービスを提供しています。
例えば、5万円を半年(180日間)借りる場合、プロミスの利息は約1、800円なのに対し、レイクは0円でこのケースだとレイクがお得と言えますが、無利息期間が終わったあとの利用はやはりプロミスの方が有利になり、借りる金額、借入れ期間、借りた後の再借り入れはあるかなど、借入の内容によって、利息が安く済むカードローンは変わってきます。

消費者金融で即日融資を申込む

日常生活の中で、急にお金が必要になったけれど財布の中身だけでは足らないといったとき、キャッシングの即日融資の利用もお金を用意するための方法といえます。
急にお金が必要になったときにそなえて、事前にキャッシングの契約をしていれば即座に銀行振り込みやカードを使ってお金を引きだせますが、いままでキャッシングを利用したことのないひとがその日のうちにお金を借りる方法として、キャッシング会社はその日のうちに審査を受け、その日のうちにお金が引き出せる「即日融資」のサービスをおこなっています。
即日融資は、銀行系のカードローンより消費者金融のほうが確実で、銀行は審査に時間がかかるため即日融資はむずかしく、消費者金融はこれまで築き上げたシステムやノウハウがあるので銀行に比べて審査も通りやすく、審査時間も短時間で終わるので即日融資を受けやすいと言われています。
即日融資を受けるには申込をするタイミングが重要で、口座振り込みを希望しているときは14:00までに審査を終わらせ、契約を済ませていれば銀行の営業時間内に振込をしてもらえますが、営業時間外になると翌日振込になってしまいます。提携銀行にネット銀行があるとき、その銀行に口座があれば24時間いつでも振込をしてもらえるので提携銀行を調べておくとよいかもしれません。
なんらかの事情で銀行の営業時間を過ぎてしまったときは、インターネットから申込みをして仮審査までを終わらせておき、あとは無人契約機や窓口へ行ってカードの発行をしてもらいカードを使ってATMから引き出せます。

低金利でお金を借りることが最大のポイント?

もちろんお金を借りるときには低金利であることを大前提としているかもしれません。
しかし、状況によっては銀行の低金利だけではなくほかの何かを重視しなければならないこともあるでしょう。
借り入れをする前にさまざまな条件で比較をしていることでしょう。
それは金利でしょうか、サービスでしょうか、時間でしょうか。
全てを兼ね備えた業者があればそれに越したことはありませんが、本当にそのような業者があったとすれば審査は相当に厳しくなるでしょう。
利用者にとってリスクが低ければそれは貸金業にとってリスクが高くなることにもつながります。
金融業者はそのリスクを回避するために金利を上げるか、もしくは審査を厳しくするかという措置を取ります。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは銀行金利として低金利が魅力になっており、即日審査の可能性が高いテレビ窓口があり、パートやアルバイトもフリーローン申し込みができるほどの間口の広さになっています。
ところが借り入れや返済はATMを利用することになり振込キャッシングやインターネット返済をすることができず利便性高いとは言えません。
また、消費者金融では即日キャッシングも振込キャッシングもインターネット返済もでき、なおかつ間口も広くなっていますが金利は高くなっています。
万能な金融業者はありません。
何かしらのメリットがありデメリットがあります。
だからこそ比較をしなければならないというのはそういうことなのです。

今すぐお金必要となっても、月々返済できる金額をはっきりさせよう

焦る気持ちは十分にわかりますが、借り入れを目的とはしていてもそれ以降のことつまり返済のことも考えなければなりません。
今すぐお金必要だからこそ返済について考えるということです。
いつまでに返済が完了していればいいのか、それもあるでしょう。
例えば今すぐお金 必要で大きなローンを組む予定があるときには現在ある債務はきれいにしておくべきと言われています。
住宅ローンもその一つになりますが、住宅ローンの審査前には債務を完済しきれいな状態で受けるべきです。
金額が数千万単位となる住宅ローンでは現在ある債務が審査に大きな影響を及ぼします。
また返済期間をはっきりさせることができなくても月々返済ができる金額は考えることができるでしょう。
例えば3、000円ほどが精いっぱいということもあるかもしれませんし、1万円は用意できるということもあるかもしれません。
月々用意できる返済額が大きくないのであれば今度は金融業者の返済方式も比べなければなりません。
返済方式とは毎月の返済額を計算するためのものです。
業者によって違いはありますが借り入れ金額によって変動する形が一般的です。
毎月の返済額を大きく用意できないのであれば最低返済額を決める返済方式は重要になるでしょう。
借入残高によって返済額がスライドする返済方式なら毎月の返済額は小さく抑えることができます。
ただし返済額が小さいだけに返済が長期化するというデメリットと背中合わせになっていることは覚えておきましょう。

キャッシングの申し込み方法

フリーローンの申し込み方法はそれぞれの会社で多少の違いはありますが、店舗窓口、自動契約機、電話、郵送などがあり、最近ではインターネットを使った申し込み方法に人気があります。

申し込みをするときに審査で本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)が必ず必要になるので事前に準備しておけば審査もスムーズにおわります。

店舗窓口や自動契約機を使った申し込み方法のメリットは申し込みからカード発行までがおこなえ、その場でカードの発行を受け、設置してあるATMや提携コンビニATMからカードを使ってお金を引き出せますし、窓口からの申し込みは不安な点や疑問点など担当者と相談しながら進めていけることや、自動契約機の操作に不慣れなかたも備え付けの電話を使って操作方法などを教えてもらいながら進められるので心配はいりません。

電話での申し込みは手軽なことや、担当者と顔を合わせることなく話ができるので相談や質問もしやすく、その場で融資が可能かどうかを教えてもらえるので、あとは自動契約機へ行きカード発行を受けられます。

最近主流になってきているのが、インターネットを使った申し込み方法でパソコンやスマーとフォン、携帯を使いキャッシング会社のホームページから申し込む方法で、24時間どこからでも申し込めることや審査にとおり融資を受けるとき、受け取り方法を口座振り込みにしておくと自動契約機へ行く必要もなく融資を受けられます。
このように申し込み方法はいろいろあるので自分の環境に合わせた申し込み方法がえらべます。