プロミスとレイクを比較しみました。

消費者ローンを申し込むのにプロミスかレイクかどちらにしようかと迷っている方の為両社を比較してみました。
プロミスとアコムの違いの一つはプロミスではお客様サービスプラザ(店頭窓口)があり担当者と相談しながらの申し込みが出来ますが、アコムには残念ながら店頭窓口がありませんが、その代りアコムは無人契約機を全国に設置してあり、無人契約機でもきめ細やかな対応なので安心だとの評判があります。
申し込み資格などはどちらも同じでほとんど大差はありません。
「年齢20〜69歳で本人に安定した収入のある方」「主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方」これは貸金業法で決められている範囲でしか設定できないので仕方のないことですね。
金利面で比較してみますと、プロミスの金利は実質年率4.5%〜17.8%ですが、アイフルの金利は実質年率4.5%〜18.0%に設定されているので、100万円を借入した場合、プロミスの方がお得と言えます。
プロミス、レイクとも30日間無料貸付があり、レイクは30日間だけでなく、借入金額5万円以下であれば180日無料利息になるサービスを提供しています。
例えば、5万円を半年(180日間)借りる場合、プロミスの利息は約1、800円なのに対し、レイクは0円でこのケースだとレイクがお得と言えますが、無利息期間が終わったあとの利用はやはりプロミスの方が有利になり、借りる金額、借入れ期間、借りた後の再借り入れはあるかなど、借入の内容によって、利息が安く済むカードローンは変わってきます。

消費者金融で即日融資を申込む

日常生活の中で、急にお金が必要になったけれど財布の中身だけでは足らないといったとき、キャッシングの即日融資の利用もお金を用意するための方法といえます。
急にお金が必要になったときにそなえて、事前にキャッシングの契約をしていれば即座に銀行振り込みやカードを使ってお金を引きだせますが、いままでキャッシングを利用したことのないひとがその日のうちにお金を借りる方法として、キャッシング会社はその日のうちに審査を受け、その日のうちにお金が引き出せる「即日融資」のサービスをおこなっています。
即日融資は、銀行系のカードローンより消費者金融のほうが確実で、銀行は審査に時間がかかるため即日融資はむずかしく、消費者金融はこれまで築き上げたシステムやノウハウがあるので銀行に比べて審査も通りやすく、審査時間も短時間で終わるので即日融資を受けやすいと言われています。
即日融資を受けるには申込をするタイミングが重要で、口座振り込みを希望しているときは14:00までに審査を終わらせ、契約を済ませていれば銀行の営業時間内に振込をしてもらえますが、営業時間外になると翌日振込になってしまいます。提携銀行にネット銀行があるとき、その銀行に口座があれば24時間いつでも振込をしてもらえるので提携銀行を調べておくとよいかもしれません。
なんらかの事情で銀行の営業時間を過ぎてしまったときは、インターネットから申込みをして仮審査までを終わらせておき、あとは無人契約機や窓口へ行ってカードの発行をしてもらいカードを使ってATMから引き出せます。

低金利でお金を借りることが最大のポイント?

もちろんお金を借りるときには低金利であることを大前提としているかもしれません。
しかし、状況によっては銀行の低金利だけではなくほかの何かを重視しなければならないこともあるでしょう。
借り入れをする前にさまざまな条件で比較をしていることでしょう。
それは金利でしょうか、サービスでしょうか、時間でしょうか。
全てを兼ね備えた業者があればそれに越したことはありませんが、本当にそのような業者があったとすれば審査は相当に厳しくなるでしょう。
利用者にとってリスクが低ければそれは貸金業にとってリスクが高くなることにもつながります。
金融業者はそのリスクを回避するために金利を上げるか、もしくは審査を厳しくするかという措置を取ります。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは銀行金利として低金利が魅力になっており、即日審査の可能性が高いテレビ窓口があり、パートやアルバイトもフリーローン申し込みができるほどの間口の広さになっています。
ところが借り入れや返済はATMを利用することになり振込キャッシングやインターネット返済をすることができず利便性高いとは言えません。
また、消費者金融では即日キャッシングも振込キャッシングもインターネット返済もでき、なおかつ間口も広くなっていますが金利は高くなっています。
万能な金融業者はありません。
何かしらのメリットがありデメリットがあります。
だからこそ比較をしなければならないというのはそういうことなのです。

今すぐお金必要となっても、月々返済できる金額をはっきりさせよう

焦る気持ちは十分にわかりますが、借り入れを目的とはしていてもそれ以降のことつまり返済のことも考えなければなりません。
今すぐお金必要だからこそ返済について考えるということです。
いつまでに返済が完了していればいいのか、それもあるでしょう。
例えば今すぐお金 必要で大きなローンを組む予定があるときには現在ある債務はきれいにしておくべきと言われています。
住宅ローンもその一つになりますが、住宅ローンの審査前には債務を完済しきれいな状態で受けるべきです。
金額が数千万単位となる住宅ローンでは現在ある債務が審査に大きな影響を及ぼします。
また返済期間をはっきりさせることができなくても月々返済ができる金額は考えることができるでしょう。
例えば3、000円ほどが精いっぱいということもあるかもしれませんし、1万円は用意できるということもあるかもしれません。
月々用意できる返済額が大きくないのであれば今度は金融業者の返済方式も比べなければなりません。
返済方式とは毎月の返済額を計算するためのものです。
業者によって違いはありますが借り入れ金額によって変動する形が一般的です。
毎月の返済額を大きく用意できないのであれば最低返済額を決める返済方式は重要になるでしょう。
借入残高によって返済額がスライドする返済方式なら毎月の返済額は小さく抑えることができます。
ただし返済額が小さいだけに返済が長期化するというデメリットと背中合わせになっていることは覚えておきましょう。

キャッシングの申し込み方法

フリーローンの申し込み方法はそれぞれの会社で多少の違いはありますが、店舗窓口、自動契約機、電話、郵送などがあり、最近ではインターネットを使った申し込み方法に人気があります。

申し込みをするときに審査で本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)が必ず必要になるので事前に準備しておけば審査もスムーズにおわります。

店舗窓口や自動契約機を使った申し込み方法のメリットは申し込みからカード発行までがおこなえ、その場でカードの発行を受け、設置してあるATMや提携コンビニATMからカードを使ってお金を引き出せますし、窓口からの申し込みは不安な点や疑問点など担当者と相談しながら進めていけることや、自動契約機の操作に不慣れなかたも備え付けの電話を使って操作方法などを教えてもらいながら進められるので心配はいりません。

電話での申し込みは手軽なことや、担当者と顔を合わせることなく話ができるので相談や質問もしやすく、その場で融資が可能かどうかを教えてもらえるので、あとは自動契約機へ行きカード発行を受けられます。

最近主流になってきているのが、インターネットを使った申し込み方法でパソコンやスマーとフォン、携帯を使いキャッシング会社のホームページから申し込む方法で、24時間どこからでも申し込めることや審査にとおり融資を受けるとき、受け取り方法を口座振り込みにしておくと自動契約機へ行く必要もなく融資を受けられます。
このように申し込み方法はいろいろあるので自分の環境に合わせた申し込み方法がえらべます。

即日振込ができるインターネットからのキャッシング

インターネットからのキャッシング申込みは契約はできるものの即日振込としては難しい、もうそんな時代ではなくなりました。
消費者金融では振り込みによるキャッシングをどこでも大手なら取り扱っており契約まで完了すれば振込みで借り入れができます。

インターネット申し込みの特徴として審査結果がすぐにわかるというものがあるでしょう。
現在審査が最も素早くわかるのは消費者金融のモビットです。
モビットはキャッシングのすべてをネット上で完結することができ店舗を持たないインターネット専業の消費者金融になりました。
店舗がありませんので自社ATMはありませんが、提携ATMが多く用意されていますので心配はありません。
そのモビットではインターネットからの申し込みで審査結果がわかるまでにわずか10秒となっています。
素早く結果がわかりますので当然手続きも完結は早くなります。

審査結果だけではなく即日借り入れを希望するならインターネットからの申し込みの場合、対応時間には気をつけましょう。
公式ホームページ上に審査対応時間が記載されていますので確認を忘れてはいけません。

インターネット上で審査結果がわかるのは一般的には10分から30分ほどの時間になります。
モビットの10秒にかなうものではありませんが思ったよりも時間はかからないと思いませんか?
審査の待ち時間は気をもむものです。
インターネットなら結果が早くわかる、これは消費者金融の常識になっています。